読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーロラチャンス2日目

サーリセルカの2日目は、特にアクティビティも入れず、
ホテルのプールとフィンランド名物サウナでのんびり。


程良く疲れたところで、町の散策へ。
と言ってもサーリセルカの町は、端から端まで歩いても15分くらい。
私たちの泊まっているホリディクラブスパホテルの前の、メインストリート。

教会。雪の森バックですてきだった。


1.2kmそりコース(フィンランド最長らしい)の終点。
町の地図に「そりは町中で落ちているのを拾います。無料」と書いてあったので、
早速、落ちているそりをひとつずつ持って滑ってみました。
こぶとかあって、空を飛んだ!

スーパーマーケット、「クーッケリ」

スーパーの裏の道を進むと、お洒落な外観のレストランが2軒。


各レストランのメニューを見比べて、ランチは「テーレンペサ」で食べる事に。

念願のザリガニ、が入ったポタージュ。いい塩加減で美味しかった。

昼食後は、おみやげ屋さんを観て回ったり…。


夕食はリエコンリンナホテルのレストランでビッフェスタイル。
またまた美味しいサーモンと森の恵み。


昨夜、ばっちり観賞が出来たので、今夜はツアーに参加せず、サーリセリカで観測してみることに。
教会の先が暗くて、観測ポイントと言う事なので、カメラとポットのお茶を持って歩いて移動。
空を観ると、やっぱり町は明るいな~という印象。しかも満月。

う~ん、どうかな?と思いつつ、暫く待っていると…


今夜も観えました!
周りが明るいので、肉眼では雲なのかオーロラなのか判別が難しいくらいうっすらとでしたが、
昨夜、オーロラを観ていた私たちは、なんとか見分けがつきました。
写真に撮ってみると、ハッキリ。

この後、雲が出てきてしまい、これっきりとなりましたが、冷え切った体を温め、
祝杯を上げるためにホテル向かいのバー「パニモ」へ。


連れが、旅行初日から飲みたいと言い続けていた、タールのお湯割り(?)
香りはもちろん正露丸。


明日は帰国。